【kanaに鈴】

これはおもちゃというよりも、
発作をがあった時をわかりやすくさせるための物です。
手首にはめて使いました。
日記によると付け始めたのは2000年7月2日だって。

点頭てんかんの発作では体にカクン、カクンと規則的に力が入ります。
その度に腕がビクッと震えます。
その時に鈴が鳴れば、見ていなくても
音で発作に気付くことができる…というものです。
「ガラガラ」にあるようなおもちゃの存在を知らなかったので
自分で何個も作りました。

発作が落ち着いてきてからは使うこともなくなりました。