+3+ 肺炎

風邪からの肺炎やMRI検査で時々入院する以外は
福祉センターにリハビリに通えるほど
家で落ち着いた生活ができるようになっていました。

2001年9月。kanaは1歳6カ月。
まだ残暑が厳しい頃でした。
寝苦しく夜もクーラーを使って寝ていました。

次の日の朝kanaはをしていました。
咳の様子、顔色、便の様子、呼吸の様子、ミルクのおさまり具合。
いつもの風邪よりもしんどそうだな…と思い
病院へ連絡し指示をもらう。
「夜のミルクは中止し、その代わりにポカリみたいな飲み物をあげるように。」
その日の夜中から激しく咳をし、眠れない。
熱はないものの鼻水は多い。

翌朝一番で病院へ。
SPO2、60%。すぐに挿管された。
運が悪く、病棟がいっぱいで入院が出来ないため、近くの病院へ行くことになる。

処置室から出てきたkanaはバックで酸素を送られていた。
TVで見たことのある光景だなぁ…そんなことを思っていた。
どんな状況かが飲みこめてなく、
変に冷静だったり、パニックだったり。
救急車で転送された。

肺炎。
生まれた時に肺炎などが重篤になりやすい…といわれていたが、
こんなに簡単に悪くなっていくことが信じられなかった。

転送先の病院で人工呼吸機を付けた。
咳がひどくたんも多い。一日に何度吸引するんだろう…
でもこれをしなくちゃ、良くならない。

kanaの苦しそうな顔。挿管しているため、声にならない声。
kanaは生きる力のある子だから大丈夫。
すぐに良くなって、お家に帰れる。
ずっと、その言葉をつぶやきながらの入院生活でした。
呼吸器をつけているため、体が動かせない。
ほとんど体位を変えることなく、仰向けのまま過ごしていました。

ゆっくり、ゆっくりの回復でした。
悪くなるのはあんなに早いのに、良くなるのは本当にゆっくり。

ちょうど一月後、kanaは退院し家に帰りました。
でも、この肺炎での肺のダメージが大きかったようで
その後のkanaの生活が大きく変わりました。

■kanaの病気
■+1+点頭てんかん(1)
  (2)発作を知る
  (3)脳波検査
  (4)てんかん薬の履2000年
              2001年
■+2+ACTH療法(1)
  (2)ACTH療法中の動き
  (3)ACTH療法の副作用?
  (4)セカンドオピニオン
■+3+肺炎
■+4+ケトン食療法(1)
  (2)
■+5+小さな肺(1)液体酸素
  (2)ケトン食療法終了
  (3)長引く入院
  (4)ぜんそく
  (5)体位変換・呼吸介助
  (6)ぶた鼻
■+6+アレルギー(1)
  (2)検査結果
■+7+水頭症(1)穴
  (2)骨の離開
  (3)頭囲の変化
  (4)進行
■+8+股関節脱臼