+6+ アレルギー(1)

2002年秋。
呼吸の調子が良い時にプリンを食べさせた。
あまり喜んで食べてはいなかったので、口からダラーっと
ほっぺの方へこぼれていった。
もうおしまいにしようね。

5分後。
kanaの顔を見ると、唇は真っ赤っか。
それも“たらこ唇ってこういうこと!”って辞書に図1と
載っていそうなくらいみごとな“たらこ唇”になっていた。
ついでにプリン液が流れたほっぺや、あごも赤くなっている。
…これは…アレルギーだ!

ぜんそくもあるし、アレルギーもあるのは困ったな…
ドクターに話し、血液検査をしてもらう。
結果は+こちら+
生後半年の時にも検査をしたことがあったので、
それと比較してみても…確実に数値が上がっていた。

それにしても、卵・小麦・米がダメとなると
ゆっくり進めていきたかった、
スプーンの練習に使える食べ物が限られてきちゃうね。
ただでさえ、やる気のないmamaは
さらにやる気を無くしていったのでした。
kanaはハーモニックで栄養を摂れるから無理せずにいこっと…
いいように勘違いをしています(^^ゞ

除去食しか食べられない子は本当に大変ですね。

■kanaの病気
■+1+点頭てんかん(1)
  (2)発作を知る
  (3)脳波検査
  (4)てんかん薬の履2000年
              2001年
■+2+ACTH療法(1)
  (2)ACTH療法中の動き
  (3)ACTH療法の副作用?
  (4)セカンドオピニオン
■+3+肺炎
■+4+ケトン食療法(1)
  (2)
■+5+小さな肺(1)液体酸素
  (2)ケトン食療法終了
  (3)長引く入院
  (4)ぜんそく
  (5)体位変換・呼吸介助
  (6)ぶた鼻
■+6+アレルギー(1)
  (2)検査結果
■+7+水頭症(1)穴
  (2)骨の離開
  (3)頭囲の変化
  (4)進行
■+8+股関節脱臼