+5+ 小さな肺(6) ぶた鼻

  2002年2月頃。
  kanaの肺が本当にしんどい時に使った機械を紹介します。
 
  見た目から私は「ぶた鼻」と呼んでいた機械。
  …調べたらちゃんとしたこんなに長い名前があった。
  呼気吸気変換方式経鼻的持続陽圧呼吸法
  (Nasal−DPAP:nasal directional positive airway pressure)
  
  これは「気管内挿管を必要とせず、鼻から強制的に空気を送り
  込むことにより肺を膨らませ呼吸を補助する装置」です。

D‐PAP 1 確かにこれを付けると呼吸は楽そうでした。
難点を言えば、横向きをした時など
鼻がずれてしまうので、
しょっちゅうアラームが鳴りうるさい。

でも一番大変なのはkana
D-PAP 3 鼻からプシューッと勢いよく
酸素が入るので口からのよだれがものすごかった。
この時はいつもは鼻からの経管栄養カテーテルを
口から入れてますね。これは薬を入れるだけで、
栄養は足の付け根の太い血管に直接栄養を入れてました。
D-PAP 2 このD-PAPに慣れてしまうと、呼吸が楽にできるので
自分で呼吸することをサボろうとしてしまうため、
できるだけ早く機械から離れていられるように
こまめに調整することが必要みたいです。



できることなら、もうこんな機械のお世話にはなりたくないな…

…写真は2002年年5月の入院の時

■kanaの病気
■+1+点頭てんかん(1)
  (2)発作を知る
  (3)脳波検査
  (4)てんかん薬の履2000年
              2001年
■+2+ACTH療法(1)
  (2)ACTH療法中の動き
  (3)ACTH療法の副作用?
  (4)セカンドオピニオン
■+3+肺炎
■+4+ケトン食療法(1)
  (2)
■+5+小さな肺(1)液体酸素
  (2)ケトン食療法終了
  (3)長引く入院
  (4)ぜんそく
  (5)体位変換・呼吸介助
  (6)ぶた鼻
■+6+アレルギー(1)
  (2)検査結果
■+7+水頭症(1)穴
  (2)骨の離開
  (3)頭囲の変化
  (4)進行
■+8+股関節脱臼