+2+ かんさつ

  毎日の体調管理をする中でめやすとしている事があります。

■熱:37.0度前後
    37.5度以上は注意(だいたい1日1回昼ごろ測定する)
    体温調節が未熟であるため、気温が高いと体温も上昇する。
    室温に気をつけ、寝衣・掛け物・体幹部の冷却を併用する。
    これでも37.8度以上は要注意。

■呼吸状態:回数は40〜50回前後
    調子が悪いと鼻〜気管にかけてゼロゼロ音が強くなる。
    熱や体動、体位との関連をみながら観察する。
    ゼロゼロの強さと場所、血中酸素濃度の低下、心拍の上昇、鼻の穴の開き具合、
    咳・鼻水の量によって吸引を考える。

■咳:普段は見られない
    熱や呼吸状態、鼻水の量とも関連する。
    ゼロゼロ音が強く、口を閉じてする咳のような、
    くぐもった咳が小刻みに続く時は、吸引を考えていく。

■鼻水・鼻づまり:時にあり
    普段、鼻呼吸の音はほとんどしないが、調子が悪いと症状が出やすい。
    咳や鼻のゼロゼロ音が大きく低くなり、呼吸や表情に余裕がなくなって、
    心拍が140〜150になったら鼻腔吸引を考える。また、吸入も行う。

■心拍:平常時は1分間に120回前後
    眠っているときは1分間に100回以下のこともあり。
    1分間に150から180回が3〜5分以上は、呼吸・顔色などに要注意。
    常にサチュレーションモニターを接続しているため数値を観察し、
    表情に余裕があるか否か、胸の動き、鼻の穴の開き具合、
    熱、体の姿勢や苦痛の有無についても、総合的に観察する。

■血中酸素濃度:96〜100%を目標(酸素0.5リットル/分を使用中)
    酸素なしでは、血中酸素濃度93%前後。
    サチュレーションモニターを接続して観察している。
    心拍、呼吸、熱との関係が深い。
    まれにモニターのはずれや接触不良の事もあり注意。

■表情:かかわると笑うが調子のが悪いと無表情
    かかわり初めから笑うまでの時間の長さは、体調と比例傾向。
    気分がよいときは自ら喃語の発語がある。
    快・深いの感情は、わずかな表情変化、目の動き、
    手の動きに認められる。
    まわりの環境変化を、自分なりに察知していると考えられる。
    認知手段としては、触覚は認識できる。視覚は正面20センチ程度に反応ある。
    嗅覚には明確な反応はない。味覚は甘い物によく反応あり。

■睡眠:睡眠時間が少ないと調子が悪い
    平均1日10時間ほどの睡眠をとる。睡眠パターンはばらつきがある。
    原則的にkanaのリズムに合わせる。
    昼夜逆転は、体調の崩れる前兆になりやすく注意を要する。
      起床…6時30分頃
      入眠…23時頃
      お昼寝…午前10時〜12時頃
            午後15時〜17時頃
            この間で各1〜2時間ほど寝る

■胃残量:朝・昼はほとんどない(薄い黄色〜白い透明液)
    夜は胃残量が残ることが多い。平均10ミリリットルほど。
    胃カテーテルから引ける胃残量・性状(出血の有無や色、混入物)
    ・空気の量は体調判断のめやすになる。

■尿量:1日650ミリリットル前後
    色が濃い、においが強い時は、体調が悪くなる傾向がある。
    量の変化は、何日かのトータルな視野で見ていく。
    (日々の量にこだわり過ぎないこと)

■むくみ:普通はない
    顔のむくみを見る、調子が悪いとまぶた、眉間がややぽってりする。
    調子が悪いと、手足の甲やすねのむくみも含め、全身を観察する。

■てんかん発作:眼球の上転・手の軽い緊張
    1回の発作は平均1分間前後で1日数回ある。 
    大発作でなければ様子を見る(呼吸・顔色変化・継続時間に注意)。
    抗てんかん薬はマイスタンとフェノバールを内服している。

■舌の荒れ
    調子が悪いと乾燥する。舌が白くなり、部分的に円形のただれができると要注意。

■よだれ:普段それほど多くはない
    調子が悪いと少なくなり、ねばねばして口の中が乾燥してくる。

■全身
    体調が悪い時は、体(主におなか)に赤い蕁麻疹?が出る。
    体調の度合いにより、その範囲と色の濃さが変わる。 


などなど…   2005/10     

■まいにち
■+1+きろく kanaの記録
      訪問看護の記録
      おともだち日記
      睡眠リズム
■+2+かんさつ
■+3+くすり(1)服用中のくすり
      (2)過去のくすり
      (3)推移2000年
          2001年
          2002年
          2003年
          2004年
          2005年
■+4+鼻カテーテル交換の様子
■+5+kana支援マップ
■+6+学校へ行こう
      (1)就学までの流れ
■+7+栄養と成長(1)摂取カロリーと水分